MENU

引越し業者の高すぎる見積もりは人材不足のせい

近年の引越し料金は上昇傾向にあります

 

引越し業者の見積もりが以前と比べて高すぎると感じたなら業界全体の人材不足のせいかもしれません。

 

通販の需要が爆発的に増えてヤマトを始めとする宅配業界はドライバー不足に苦しんでします。宅配にドライバーを取られれば、引越し業界のドライバーも相対的に減ります。
参考:引っ越し難民まとめ。ドライバー不足は宅配便増加が原因?

 

引越しは仕事自体も過酷で、大手のヤマトや日通の方が魅力的に見える傾向は前からありました。

 

引越し業界全体でドライバーが減れば、受注できる仕事量も減るので高すぎる引越し費用も必然と言えます。

 

さらに多くの事故により国民の目が厳しくなり、無理な働かせ方を引越し業者自体ができなくなってきているという事情もあります。

 

厳しい運行管理を求められ、違反が積み重なると車両停止や事業停止、最悪の場合には免許取り消しという処分もあり得るのです。

 

私が若い頃には、繁忙期に1ケ月無休で働いたら手当が付くというほどもあったほどです。それが今では働きたくてもできない状況になっているのです。

 

中小の引越し業者が乱立し、値引き競争により今までの引越し料金が安すぎたとも考えられます。

 

これからは労働者人口自体が減っていきます。自動運転などのよほどの技術革新が無い限り引越し費用が高すぎる傾向は続くのではないでしょうか。

 

関連記事

引越し料金が高すぎる時にやるべきこと|元引越屋が教えます
3月の引越し費用は高すぎる!なんとか安くするには
引越し料金が高すぎるなら業者と交渉しよう