MENU

引越し料金が高すぎるなら業者と交渉しよう

引越し業者と料金の交渉をしてみよう

 

引越し業者から訪問見積もりを受けて引越し料金が高すぎるものであってもあきらめる必要はありません。引越し業者が最初に出す見積もりは値引き前提のものであり、かなり高めであることが多いのです。

 

そんな値段で契約してしまうのは損としか言いようがありません。繁忙期や特に忙しい日以外の引越しであれば交渉次第で高すぎる見積もりもかなり安くすることができます。

 

引越し料金の値引き交渉に使えるテクニックがこちら。

 

  • 引越し料金の相場を事前に確認しておく
  • 複数の引越し業者から相見積もりを取る
  • 即決するからと言って更なる値引きを迫る
  • 高すぎる引越し料金が実は相場ということも

 

引越し料金の相場を事前に確認しておく

引越し業者から出された見積もりが高すぎると思っていても実は相場に近いものだったということはあり得ます。そのような引越し料金であればどれだけ交渉しても大きな値引きを受けることはできません。

 

無駄な努力であれば、やらない方がましです。かえって引越し業者の機嫌を損ねて、受けるサービスに影響を与えたり依頼を断られたりとすることもあります。

 

あまりに値切るお客様は、引越し当日でもトラブルを起こしやすいと思っている引越し業者は多いです。そうでなくても引越しでは運搬中に壊れたのか、最初からなのか判断しにくい荷物が多くあります。

 

保証ばかり要求されては、引越し業者も採算が合わないのです。

 

逆に相場よりはるかに高い引越し料金であれば、交渉の余地はあるということです。事前に相場料金を知っていれば無駄な努力をせずに済みます。

 

参考:引越し費用の相場と料金総額の目安|引越し侍

 

複数の引越し業者から相見積もりを取る

今や相見積もりは当たり前になっています。最初から限界ギリギリの引越し料金では、他社との競争に支障をきたす場合があります。その為にあえて高すぎる引越し料金を最初に提示する業者も多いのです。

 

他社の見積もりがその金額を下回ったとしても、さらなる値引きで対応できるからです。結果、引越し料金は最初に出された高い見積もりから驚くほど下がっていきます。

 

半額くらいの値下げは普通にあり得るのです。

 

即決するからと言って更なる値引きを迫る

高すぎる引越し料金を少しでも下げるために、相見積もりが有効と分かっていても値引きの交渉が苦手であったり、仕事が忙しくて何社もの訪問見積もりを受けられない人もいるでしょう。

 

そんな時に使えるテクニックがこちらです。「本当は何社か呼ぶつもりなんだけど、もう少し値下げしてくれたら即決します」と言えば引越し料金を下げてくれる業者は多いはずです。

 

他社が値下げし、自分の会社がさらに下回る金額を出さないことになるとしたら即決で値下げをしておいた方が引越し業者としてもありがたいのです。

 

ただ、その金額が即決で決めても良いものなのか相場を知っておかないといけません。相場よりはるかに高い引越し料金だとしたら、やはりもったいないという気がします。

 

高すぎる引越し料金が実は相場ということも

以前は10万円でできたのに、荷物も大して増えていないのに30万円の引越し費用が提示されたなら高すぎると感じても不思議ではありません。

 

しかし、引越し料金は時期によって相場が大きく変動します。特に繁忙期には他の月の2倍、3倍の金額でも全く不思議ではありません。

 

もし、あなたが繁忙期に引っ越ししようとしているなら、ここまで紹介したテクニックは全く無駄になる可能性もあります。

 

何しろ繁忙期は断るほどの引越しが殺到する時期です。あえて大きな値下げをしてまで引越しを受けたいと思っている業者はいません。

 

関連記事

引越し料金が高すぎる時にやるべきこと|元引越屋が教えます
3月の引越し費用は高すぎる!なんとか安くするには
引越し業者の高すぎる見積もりは人材不足のせい